「クレイジーコラム」

クレイジーマウンテンがなんとなく思いついたリズム文に
さり気なく絵をつけ
適当なコメントをそえた
なんとも当たり障りのないコラムです。

ではさっそくどうぞ。


                     



その70 「将軍様の神の手だ」

さあついに明日6/11から
サッカーワールドカップ南アフリカ大会が始まる!
ドイツから4年。
あっという間にきちゃったね。
各試合自体の面白さはもちろん
パフォーマンスの低い日本代表がどこまで日本を驚かせるか?
というのもあるが
今回は特に
「南アフリカという国自体」
への関心が高い。
さんざん報道されているように
とんでもなく治安が悪い国だから。
2007年の調査によれば
強盗は1日平均350件おきてて
日に53人が殺されてるという。
(殺人は人口当たり日本の110倍!)
男性の27%が過去にレイプをしたことがあるという調査もあって
さらに国民の4-5人に1人はHIVに感染している。
好き好んでそんな危ない国に行くやつは誰もいないって。
W杯をやるからしょうがなく盛り上がっているだけ。
「警備体制は万全」と警察関係者は胸をはっているそうだけど
全員がマシンガンで武装した強盗集団に襲われたら
いくら警察や軍隊でも防げるわけないよ。
何でそんな危ない国で開催することになったのか?
それは主催者であるFIFA内の政治が関係しているんだ。
今のFIFA会長ブラッター氏が
1998年の会長選挙で当選した裏には
アフリカ大陸でのW杯開催を約束する見返りとして
アフリカ票を獲得できたから、という理由がある。
アフリカで開催することはかなり前から裏で決まっていたんだよね。
ただ、アパルトヘイトでガチガチの差別国家が
国際社会へ仲間入りする立役者となったマンデラ元大統領には悪いけど
南アフリカにはまだ世界的なお祭りをやる余裕はないと思うよ。
TVでもやっていたけど
明日の朝食べるパンにも困るという人たちに
「ワールドカップっていうすごいお祭りがあるから楽しめ」
といったって
「何だカップって。ふざけんな!ぶち殺すぞ!」
ってなるに決まっているよ。
やっぱり衣食住足りて初めて楽しむ余裕がでるんだ。
楽しんでるのはその余裕がある人たちだけ。
W杯はFIFAがうつ興行であくまで商売だから
経済効果1兆円といったって
いくら開催国に住んでても生活が豊かになるわけじゃない。
それこそ札束ちらつかせてるサポーターがいたら
取っちまえとなってもおかしくないんだ。
そして治安の問題とは別の理由で
そうした貧困層の人々を前にしては
馬鹿騒ぎできないなあとつくづく思う。
イギリス人が黒人を奴隷にしてダイヤを掘らせていた時代に
横からひょっこり顔を出して
名誉白人なんてまぬけな名前をもらって
うまい汁を吸っていた我々日本人は
恥ずかしくてその人たちに顔向けできないよ。
・・・とまあ話がかたくなっちゃったけど
待ちに待ったW杯。
TVでしっかり楽しませてもらうつもり。
ところでもしW杯北朝鮮大会が開催されたら
将軍様が選手として出場して
神の手ゴールで国民に権威を示すんだろうか?





その69 「普通に買ったらよかったよ」

スーパーマリオの1UPキノコのぬいぐるみとか
へんなフニャフニャのクマの座布団とか
なんであんなどうでもいいものに
1000円でも2000円でも使っちゃうんだろうなあ。
UFOキャッチャーってなんなんだろう。
もういかにもあと1回で取れそうなギリギリにセットされていて
それでいてびくともしない。
何度もやれば取れるんだけど
2000円も使うなら最初から買った方が安いんだよな。
景品もバラエティに富んでいて
好奇心を誘うんだ。
珍しいものでは一時期話題になった伊勢えびとか
北海道には毛ガニもあったというからすごいよ。
なんでもありなのかと思って調べてみると
景品表示法というのでは一応
「市場価格上限800円の景品まで」
と定められている。
「やった!1000円でラジコン取った!儲かった!」
とかいっても実際損してるわけだ。
でもまあ法律なんてかたいことを言わないで商売している
ゲームセンターもいっぱいあるわけ。
プレステとかDSを目玉にしているところもあるもの。
ただああいうのは絶対に出ないんだよな。
駄菓子屋のくじの1等と一緒。
当たるわけないよ。
最初から入ってないんだから。
それでも出ないのをわかっててまた次の日に行っちゃう。
さがだよね。




その68 「夫婦喧嘩に負けてベベン」

昔うちのはす向かいに住んでた年寄り夫婦。
普段から喧嘩が絶えなかった。
晩飯の時間になるときまって喧嘩で
「うるせえこの野郎!ババア出て行け!」
なんておじさんの怒鳴り声が路地裏にひびく。
ああまた始まったと
気にせずアジの開きなんかを食っていると
ガラガラピシャッ!と引き戸の閉まる音。
あれ?出て行ったかな?と思っていると
「テインテインテイン」
と変な高い音が。
すると「ベベンッ、ベンッ。あああ〜〜〜〜〜」
といつもよりオクターブ高いおじさんの声。
あっなんか始まったっ
そっとのぞいてみると
縁台に腰掛けたおじさんが
長唄だか浪曲だかをやっているんだ。
喧嘩のうさを三味線にぶつけているんだろうけど
家の中からまた何か言われると
「ベン、ガララン、あ〜〜〜〜、あ、何だとこの野郎!ベンッ」
「ぶち殺すぞ!この、あ〜〜〜〜、ベンジャラン、ベベンッ、なにを!」
とかいって全然先に進まない。
路地裏は今日も平和だった。





その67 「そこまで噛みたくないですわ」

テレビでハブの生態をやっていて
昔沖縄で見たハブとマングースのショーを思い出したよ。
あれはひどかったなあ。
マングースが連戦であきちゃって
ハブに対しての闘争心が全然ない。
しまいにはあくびしちゃったり。
ハブだってそんなやる気のないのに向かってかなくて
逆におじさんがマングースをつついてる変な棒に噛み付いたりしている。
もう慣れ合いになっちゃってて
表向き抗争中のプロレスラーたちの楽屋裏を見せられた感じだ。
「おいほんとにマングースはハブを退治するのかよ」
と思って調べたら案の定だったよ。
まだ血清のなかった明治時代
ハブ被害をどうにかしなきゃならなかった。
そこでえらい教授がインドからマングースを連れてきて戦わせたら
見事にしとめたんだって。
これは間違いなしということで沖縄本島に何十匹か放したわけ。
ところが!
もともとマングースは夜はあんまし得意じゃないから
夜行性のハブとめったに出会わない!
しかもわざわざ毒のある蛇なんか食わなくたって
天然記念物の(!)ヤンバルクイナとかアマミノクロウサギとか
他に獲物はいっぱいいるわけだ。
結局ハブが減るどころか
貴重な固有種を食い散らかす雑食獣が
推定1万頭にまで膨れ上がったという。
あーあ、と言うしかない話。
ちなみに例の対決ショーは
動物愛護団体からうるさいことを言われたのか
今は廃止になって
琉球村というところでは今はやりの「3Dハブショー」
というマヌケな出し物をやっているらしい。
奄美大島では今でも見られるみたいだから
機会があったらどうぞ。





その66 「永久ソーダが出ましたよ」

サイダーって腐らないんですか?
数年前に近所の激安スーパーで見た
山積みの天然水サイダー。
「賞味期限切れたけどまだまだ大丈夫 激安¥36」だって。
おい本当にまだまだ大丈夫なのかよ、と
相当怪しかったけど試しに買ってみた。
まあ結局普通に飲めたけどね。
だけど不二家の問題なんかがあったし
保健所が黙ってないだろうと思ってちょっと調べてみたんだけど
食べて平気なら
法律上賞味期限を過ぎて売っても問題ないそうだね。
さらに消費期限というものもあって
これを過ぎた食い物は食べることを避けなければいけないから
切れてたらさすがに捕まるな、と思ったら
厳重に慎むべしっていう程度。
びりびりウンコの被害が出ない限りは
取り締まる法律はないそうだよ。
思い返してみれば昔うちのばあさんは
怪しいのがあると臭いをかいで捨てたり食ったりしていた。
カビの生えたパンだって
そこだけつまんで平気で食っていたよ。
期限表示なんてろくになかったから
経験から判断して食える範囲を決めていたんだ。
今は「あ、このプリン昨日で期限切れてる。だめ!おなか壊すよ!」
ってすぐ捨てちゃう。
ものの腐り方なんて環境によって一概じゃないんだけど
表示にしばられてまだ食えるものを捨て続けてるってことだ。
最近はひょっとすると
腐臭をかいだことがないっていう子供までいるんじゃないか?
しじゅういい臭いばかりに囲まれてる。
臭いというのは危険信号でもあるからね。
たくましく発育するためには悪臭だってかぐべきなんだよ。
だけど深夜のコンビニ店員の
夏のどぶみたいな口臭はもうかぎたくないけどね。


                     



その65 「エコポイントなら俺にくれ」

環境にやさしいテレビやエアコンを買った人は
もれなく何かポイントをもらっているそうだね。
鳩山死神博士が国連の場で大きなことを言ったそうだから
僕らもどんどんテレビを買い
ポイントをもらって
エコに貢献しなければならない。
ところで昔住んでいたアパートの近所に
まずいラーメン屋があったんだけど
エコポイントならぜひここの汚いオヤジに進呈したい
と思わせるような店だったんだ。
どういうことかと言うと
スープはほとんどお湯にしょうゆをといたようなものだったから
だしを煮込むガスの節約でエコポイント20000点。
どんぶりやグラスもよく洗わないで
油べたべただったから
水の節約でエコポイント5000点。
エアコンはなく
触ったら感電しそうな扇風機1台で夏もしのいでたから
電力の節約でポイント10000点。
10年前の週刊宝石と30年前の包丁人味平を置いてる
ものを大切にする精神に3000点。
それからホコリが油で天井からだらりと垂れ下がって
クリスマスの飾りみたいに見えないこともないから
リサイクルの貢献で3000点。
合計41000点をあの汚いオヤジに還元してくれないだろうか?
そういえば二日酔いであのラーメンを食った後
死にたいほど気持ち悪くなって
店のトイレにそのまま還元したことがあったっけなあ。





その64 「友達降りたらほぼ他人」

根本的に人見知りだから
こういう状況はホントにあせるよ。
友達(仮に鈴木としよう)と電車に乗ってると
鈴木の知り合い(謎のサラリーマン)が乗ってきて
「久しぶり」とか言って
鈴木と知らない話をし始める。
無視するわけにもいかないから
一応話の輪には入ってるけどうわの空で
「謎のサラリーマン早く降りないか」
とそのことばっかり考えている。
そうすると恐れていた通り鈴木が一番に降りちゃって
謎のサラリーマンと2人きりになっちゃう。
こうなるともう地獄だよ。
さっきやつらが話していたパチスロの話は
俺やらないからわかんないぞ。
当たりさわりなく仕事のことでも聞くか?
それとも自己紹介か?
やばいとりあえずなんか切り出さないと。
「駅どこなんですか?」
「B駅です」
「あ、そうなんですか。うちはC駅です。あそこは駅前にサミットがありますよね」
「ああ、ありますね」
「・・・・・」
ああもうこの空気に耐えらんない。
今すぐ死んでくれないだろうか、とあぶら汗だよ。





その63 「殺人ガスをまく我が家」

ガスの保安点検というのをやってもらったことありますか?
こないだピンポンピンポンうるさいから出ると
作業着の山本圭さんみたいなオヤジが
「ガス設備の保安点検に来た」んだと言う。
身なりがさっぱりしている人だから
しょうがない信用して入れてやった。
(後で分かったけど足がくさかった)
ガス台をカチカチやったり
お湯を出して変なトランシーバーみたいなので
外の給湯器を調べたりした後の説明で目が点になったよ。
「まあ、異常なしですね。
空気中の一酸化炭素濃度も0.34%で基準値です。これね、参考に」
って資料を出してきた。
参考の値で近い数字を見ると
「0.32%=5〜10分で頭痛、めまい。30分で致死」だって。
致死?ちし?え?
「いや、30分で死ぬ濃度より濃いの?え?」
「まああのーあくまで参考だから。
あとね、ガス使ってるとき窓開けないでくださいね。
クラクラしちゃうとね、あれだから」
「あれだからって…」
「失礼しましたー」
と帰ってった。
東○ガスは俺を殺そうとしてるな。
身の回りにどんな危ないことが潜んでるか
分かったもんじゃないよ、ホント。
それ以来茶碗洗ってるときに
外でキャッチボールしてる小学生が
「おにいちゃんねむい」
とか言い出すとビクッとする今日この頃。





その62 「部品接着ラリるれろ」

部品をニッパーで切り出して
バリを取ってやすりをかけて
接着剤でくっつけて・・・
僕ら日本男子は皆あの単純作業の繰り返しが大好きだった。
プラスチックのゴミみたいなものをいっぱい作って
組み立てていくとガンダムやら戦車やらができちゃうんだから。
時間忘れちゃって半日くらいすぐだったよ。
で、しばらくやってると
頭が痛いような夢のような
目が回るような楽しいような
変な気分になることがあったなあ。
ある時小学校の上級生がタミヤの接着剤のビンを嗅いで
「あー、くるなあ」
と言っていたけど
「ああいうのには酢酸なんとかが入ってないから
何にもならないよ、ウソだよ」
ってシンナー通の友達が教えてくれたっけ。
だとするとプラモの時のあの感覚は何だったんだろうな。
タミヤに大工場主(ウィリー・ウォンカみたいな人)というのがいて
子供に夢を見させる魔法のエキスを
ふたを閉める前に一滴たらすんじゃないだろうか。
夢のある話だ。
それにしても作り終えたプラモに
あそこまで興味がなくなっちゃうのも
これまた不思議だよ。





その61 「文句許さぬ鬼口臭」

皆さん知っての通り
役所関係の窓口の人の口臭というは基本的にひどい。
臭いと評判の人を窓口に配置するように
人事が行われているんだろう。
役所っていうのは何の用で行っても
待ち時間がとにかく長いでしょう。
転居届けひとつ出すのにとんでもなく待たされることもあるよな。
待たされれば文句のひとつも言いたくなるだろう。
そういうところへ毒ガスの人をおくわけ。
「まだ待たせるのか」と言いに行くと
酒かすを腐らせたような臭いの人が対応する。
そうなるともう文句どころではないからね。
しょうがねえかとなるわけだ。
苦情関係の窓口には目がヒリヒリして涙が出る
マスタードガス顔負けの毒ガス人。
待ち時間の長い窓口には
甘い腐臭で脳の回転を下げる毒ガス人。
こういう人たちを使って
役所は毎日大量の業務をさばいているわけだよ。



感想お待ちしてます。 →掲示板へ

                     


Copyright (C) 2009 - Crazy Mountain.com   All Rights Reserved.